iPhone「この要求は通信事業者によって拒否されました。」と表示された時の対処方法は?

スポンサードリンク







iPhoneのApp Storeでアプリをインストールしようとしたりしたときに、「この要求は通信事業者によって拒否されました。購入を完了するには『請求先情報』にアクセスして、新しいお支払い方法を登録してください」というような表示が出てくることがあります。

出てきた表示の意味もよくわからないですし、どうしたらいいのか全然わからないですよね…

そこで今回は、「この要求は通信事業者によって拒否されました。」という表示が出た時の対処方法について、チェックしていきたいと思います!

iPhone「この要求は通信事業者によって拒否されました。」という表示の意味は?

そもそも、iPhoneに表示された「この要求は通信事業者によって拒否されました。」という表示の意味は何なんでしょうか?

改めて、表示の内容を確認してみたいと思います!

この要求は通信事業者によって拒否されました。購入を完了するには『請求先情報』にアクセスして、新しいお支払い方法を登録してください。

なんだか、難しいことが書いていますね〜

通信事業者というのは、ドコモとかauとかソフトバンクなどといったキャリアのことです。

それがアプリの支払いの時に拒否されたということですね。

つまり、キャリア決済ができなかったということを意味しています。

支払いができないというのは、なかなか衝撃的ですね…

それでは、この表示が現れて、キャリア決済ができなかった時にはどのようにすればいいのでしょうか?

スポンサードリンク

iPhone「この要求は通信事業者によって拒否されました。」と表示された時の対処方法は?

この表示が出てきた時の対処方法なんですが、まずは、未払いや滞納がないかどうか確認してみましょう。

未払いや滞納があると、キャリア決済ができなくなってしまうことがあります。

気がつかないうちに、料金を支払っていなかったと言うことがないかどうか、改めて確認してみることが最初ですね。

確認してみた結果、きちんと料金を支払っているようであれば、キャリア側の問題がある可能性も考えられます。

その場合は、自分が契約しているキャリアに対して確認をしてみるようにしてください。

キャリア側のエラーであれば、そちらで対応してくれるでしょう。

クレジットカードやプリペイドカードを登録する方法も!

あるいは、クレジットカードやプリペイドカードを登録するという方法もあります。

クレジットカードの場合は、審査や年齢制限などといった制約もあるので、プリペイドカードの方が使いやすいかもしれませんね!

以下のプリペイドカードなら、13歳から発行できるので、なかなかおすすめですよ〜

NEOMONEY

支払い方法は必ずしもキャリア決済でなければいけないわけではないですもんね!

キャリア決済がうまくいかない場合は、このように別の支払い方法も試してみて下さいね〜

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です